え?これもアルコール依存症のひとつ?誰でも簡単自己診断

アルコール依存症でお困りの方へ

アルコール依存症とは、お酒の配分や状況を自分んで把握できなくなり、寝てる以外は常にアルコールが欲しくなる状態を言います。
飲み続けるのはいけない事だと分かっていても、体に限界が来るまで飲んでしい、脳が異常となり、「幻聴」「幻覚」「けいれん」が起き、手が震えなどの症状が見られます。

原因は生活環境や仕事先での人間関係トラブルで、過剰にストレスを感じてしまい、現実から逃避したく飲み続けるのです。
始めは少量で済んだが、だんだんコントロールが出来なくなり、お酒が抜けたら飲むと繰り返す「精神疾患」です。

日本では、アルコール摂取量12.7ルットルを超える量が多いとされ、ビールならば500ml3本、日本酒なら540mL弱、焼酎(25°)なら300mL、ワインならグラス6杯程度です。
アルコール依存症は本人だけの体や仕事、家庭問題ではなく、周囲の人も巻き込んでしまいます。
家庭問題では離婚・別居と深刻な問題となり、子どもの育児放棄、暴力等のトラブルになります。
更に、もっと深刻なのが飲酒運転での交通事故発生となる事がある。

治療方法は入院が一般的で、依存症と向き合う為に長時間の治療が必要となります。
入院する事で精神科や集団生活等で訓練して、アルコールのない生活とリハビリで、社会への復帰へと改善していきます。
社会信用を失う前に早期治療が必要です。っ自分自身がアルコール依存症かどうか気になる方は、メンタルヘルス総合サイト「こころナビ」で、症状をチェックして診断してみてください。
今の状態の症状をチェックするだけで、診断してしてくれる、無料診断でとても簡単な操作になります。
こころナビでは、睡眠障害、うつ病、不安症、ギャンブル依存症や精神障害の詳細から症状に合う医薬品紹介がされています。
今の自分自身状態を改善を望んんでいるならば、医療機関に行く前に、こころなびで症状 ・チェックで診断して、改善へとつないでくれると思いますのでトライしてみてください。